結婚指輪を手作りするのに時間はかかる?

結婚指輪を用意するにあたって最近では話題になっているものに手作りの結婚指輪があります。
結婚指輪を手作りで作ることができるところが増えてきているんですね。
そんな手作り結婚指輪ですが、デメリットとして時間がかかってしまうというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
ですが実はそんなに時間をかけずに作ることができるケースがあるんです。

結婚指輪は結婚式までに間に合わせなければいけません。
結婚式の際に結婚指輪の交換を行うことになりますが、その際に結婚指輪がなければ交換をすることができません。
ですので結婚指輪をそれまでに用意しておく必要があります。
手作り結婚指輪にあこがれていたけれど、結婚式まで日取りがないからあきらめようという方も少なくないかもしれません。
ですが手作り結婚指輪をすぐに作ることができるところもあります。

工房やアトリエによっては彫金での手作り結婚指輪は、3時間から4時間程度で作ることができ、そしてその日のうちに持ち帰ることができるケースがあるんです。
なかなか手作り結婚指輪を作りに行く時間が取れない、結婚式まで日にちがないという方におすすめすることができます。

彫金での手作り結婚指輪は金属の塊を加工して作っていくという方法になります。
刻印をしたり石を埋め込んだりのせたりする場合にはどうしても時間がかかってしまう場合があります。
手作りで作った後に預けてプロの職人の方に刻印や石の埋め込みなどを行ってもらうこととなるんですね。
ですのでその分時間がかかってしまうことになります。
ですが刻印がいらなかったり、石も必要ないという場合ではその場で持ち帰ることができるケースもあります。

急ぎで必要だという場合には、先に完成した結婚指輪で結婚式で指輪の交換を行い、あとから刻印を入れてもらうということも可能ではあります。
ですが工房によっても異なりますので、事前に確認を入れておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です